© 2018 by Japan Basketball Hall of Fame. All Rights Reserved.

候補者

​日本バスケットボール殿堂入りするための資格として候補者は以下の要件を満たさねばならない。

REFEREE - レフェリー

レフェリーの場合は完全に5年間引退しているか、もし、未だ現役の場合は 少なくとも25年間は活動していなければならない。つまり、引退後6年目 か現役レフェリー26年目に殿堂入りの資格が得られる。レフェリーが死亡したときは、経過年数を必要としない。

PLAYER- プレイヤー

プレーヤーの場合は完全に5年間引退していなければならない。つまり、引退後6年目に殿堂入りの資格が得られる。もし、わずかな期間でも現役復帰した場合には、そのプレーヤーの資格は個人をベースに見直しされなければならない。プレーヤーが死亡したときは、経過年数を必要としない。

COACH - コーチ

最近のニュース

コーチの場合は完全に5年間引退しているか、もし、未だ現役の場合は 少なくとも25年間はコーチとして活動していなければならない。つまり、引退後6年目か現役コーチ26年目に殿堂入りの資格が得られる。コーチが死亡したときは、経過年数を必要としない。

CONTRIBUTOR - 競技の発展に大きく寄与した人物

日本のバスケットボールの発展に大きく寄与した人物(レフェリー、プレーヤー、コーチを除く)はいつでも殿堂入りの資格が得られる。